北海道のだいどころ。

北海道のおいしいものとおうちごはんとレシピ

甘酸っぱくて濃厚。ブルーベリークランブルチーズケーキの簡単レシピ♡

旬のブルーベリーでクランブルチーズケーキ

最近お友達から収穫したばかりのブルーベリーをたくさんいただきました。

摘むだけでも結構大変なのにパックにいっぱい♡

贅沢ですね。

ちょうど来客がありましたのでブルーベリーのクランブルチーズケーキをつくりました。

ちょっとだけ手間はかかるように見えますが、一つひとつの工程は簡単です。

そして頑張ってつくるだけの甲斐がある、ほんとにおいしいケーキです。

ほぼ失敗がないのでぜひ挑戦されてみてください。

そもそもクランブルとは?

クランブルとは小麦粉・砂糖・たまご・アーモンドパウダーを混ぜてそぼろ状にしてケーキの上にトッピングして焼くもの。

ざくざくした食感が楽しめます。

詳しいことは下記のリンクをご覧ください。

ja.wikipedia.org

つくっていきます

使用する型について

今回は18cm×18cmのスクエア型で作りましたが、直径18cmの丸型で作ってもよいですし、小さい型でいくつかに分けて作ることもできます。

このスクエア型はおしゃれですし、底がとれるので一つ持っておきますと便利です。

貝印 KAI スクエア型 18cm 底取れ KaiHouseSelect DL6119

貝印 KAI スクエア型 18cm 底取れ KaiHouseSelect DL6119

 

用意するもの(18cm×18cmのスクエア型)

クランブル
  • バター   50g
  • 砂糖    50g
  • アーモンドパウダー 25g
  • 薄力粉   75g
チーズケーキの土台部分
  • お好みのビスケット 10枚くらい
  • 溶かしバターか牛乳 大さじ1くらい

つかうビスケットは全粒粉のビスケットなどお好みのものをお使いください。

本当はマクビティの全粒粉のビスケットが好きなのですが最近売っているところが少なく、今回は手に入らなかったのでオレオのビスケットを使いました。

クリームが挟まったまま使って大丈夫です。

ココア味のオレオでもおいしいです。

チーズケーキ部分
  • クリームチーズ 200g
  • 砂糖      3/4カップ
  • 小麦粉     大さじ2
  • たまご     2個
  • 無糖ヨーグルト 1カップ
  • 生クリーム   1/2カップ
  • レモン汁    大さじ1
  • ブルーベリー  50粒くらい

ブルーベリーは冷凍のものでもだいじょうぶです。

 つくりかた

クランブル

1・バターを1cm角に切り冷蔵庫でよく冷やしておきます。

2・ふるった薄力粉・アーモンドパウダー・砂糖をボウルに入れ、そこに冷やしておいた固いバターを入れて溶けてしまわないように手早く指先を使ってすりつぶします。

3・そぼろ状になったら出来上がりです。使うまで冷蔵庫に入れておきます。

ビスケットの土台部分

1・厚めのビニール袋にビスケットを入れて麺棒などでビニールの上からすりつぶします。

2・そこに溶かしたバターか牛乳を加えてひとまとまりになるようにしたら敷紙を敷いた型の底に敷き詰めます。

チーズケーキ部分

1・ボウルに柔らかくしたクリームチーズを入れてなめらかになるまで混ぜたら、砂糖も加えてよく混ぜます。

2たまごも加えてよく混ぜたら薄力粉・レモン汁も入れてよく混ぜます。

3ヨーグルトを少しずつ加えてよく混ぜ、生クリームも入れてしっかりなめらかになるまで混ぜます。これで生地の出来上がりです。

焼いていきます

1・ビスケットの土台を敷き詰めた型にチーズケーキの生地を流し入れます。

2・そこにブルーベリーを均等に並べ、さらにその上にクランブルも均等に並べます。

3・180℃にあたためておいたオーブンで約50~55分ほど焼きます。竹串で真ん中付近を刺してみて何もついてこないようであれば焼き上がりです。

4・オーブンから出して型のまま粗熱をとり、粗熱がとれましたら冷蔵庫にいれて1日置いてからお召し上がりください。

*しっかり冷蔵庫で冷やして生地を落ち着かせたもののほうが絶対においしいですので、ここは我慢して一日お待ちください♡

より濃厚にするには。。。

チーズケーキ生地に使うヨーグルトを前もって水切りしてから加えますと、さらに濃厚な味わいが楽しめます。

コーヒーフィルターなどを使うと簡単につくれます。

さいごに

甘酸っぱくて、濃厚なおいしいチーズケーキができました♡

お友達にもとってもおいしい、と喜んでいただけました。

オーブンに入れるまで約40分、と見た目のわりには簡単にできます。

ぜひ機会がありましたらつくってみてください♪