北海道のだいどころ。

北海道のおいしいものとおうちごはんとレシピ

オイスターソースがポイント。ゴーヤと鶏むね肉の青椒肉絲風でゴーヤの大量消費♪

大量収穫中のゴーヤでゴーヤと鶏むね肉の青椒肉絲

やっと1週間ほど前から北海道の我が家の家庭菜園のゴーヤも収穫が始まりました。 

www.hokkaido-daidokoro.com 

www.hokkaido-daidokoro.com

 

と思ったら次から次へと大きくなり、ゴーヤチャンプルーをそうそう毎日作るわけにもいかず。。。

周りの友人にももらっていただいたのですが、せっかくの収穫なのでほかの料理にもいろいろ活用してみようと思います。

ゴーヤと同じく苦味を持っているのはピーマンかな~と思い、ピーマンをゴーヤに置き換えた青椒肉絲風をつくってみることにしました。

鶏むね肉を細く切ってつくるゴーヤと鶏むね肉の青椒肉絲です。

つくっていきます

用意するもの

  • ゴーヤ(15cmくらい)  2本
  • 鶏むね肉(切ったもの) 350g
  • しょうが       1かけ
  • にんにく       1かけ
  • サラダ油       大さじ2
  • 塩こしょう      適宜
  • オイスターソース   大さじ1
  • しょうゆ       大さじ1
  • 砂糖         小さじ1
  • ごま油        適宜 

下ごしらえ

ゴーヤは縦に細く切り、1時間ほど水にさらしておきます。

鶏むね肉も細く切り、しょうゆ・酒・片栗粉各大さじ1(分量外)を揉みこんでおきます。片栗粉を混ぜ込むことでお肉がふんわり仕上がります。

しょうがとにんにくはみじん切りにしておきます。

つくりかた 

1・フライパンにサラダ油大さじ1を入れて熱したら、そこに鶏むね肉を入れます。焼き色がついてフライパンからはがれやすくなるまでひっくり返したりしないで焼きつけるようにします。

 2・焼き色が付いたらひっくり返して中火で炒めていき、火が通ったら一度取り出しておきます。

3・フライパンにサラダ油大さじ1を足してそこにしょうがとにんにくを入れて弱火で炒め、香りが出てきたらゴーヤを入れて弱火~中火でじっくり炒めます。

注意点*中華っぽいので強火で調理したくなりますが、焦げやすいのでここは弱火~中火の間くらいの火加減を保ってください。

4・ゴーヤがしんなりして火が通ったら、炒めておいた鶏むね肉をフライパンに戻し、砂糖・オイスターソース・しょうゆを入れて、さらに味を見ながら塩こしょうで味を調えます。

5・最後に香りづけのごま油を回し入れて出来上がりです♪

さいごに

苦味がおいしい「大人の青椒肉絲」が出来上がりました。

オイスターソースと、最後に回し入れるごま油がポイントになってとっても食べやすいです。

意外とゴーヤはなんでも合うのではないかと思います。

ぜひつくってみてください♡