北海道のだいどころ。

北海道のおいしいものとおうちごはんとレシピ

石狩産の赤大根「紅くるり」ジップロックで簡単千枚漬け

 珍しい「紅くるり大根

ずいぶん大きなさつまいもだな~と思って手に取ってみましたら、こちら「紅くるりという品種の赤大根でした。

さつまいもにそっくりです。

f:id:snowcrystal2000:20190321172138j:plain

こちらは北海道の石狩産のもの。

はじめて買ってみました。

今はいろんなお野菜があるんですね。

ふつうの白い大根とどう違うのかなと思って紅くるり大根について少し調べてみました。

  • 外側も中側も真っ赤というのが特徴
  • 抗酸化力の強いアントシアニンが、ふつうの大根の3倍ほど含まれている
  • とてもみずみずしくて柔らかく、味が良い

わりと最近作られた品種のようですね。

ジップロック千枚漬けをつくります

とにかく色がきれいですのでこのきれいな色をいかしたいな~と思い、ジップロックを使って簡単に千枚漬をつくりました。

皮をむいて切ってみますと内側も本当にきれいな赤紫色をしています。

f:id:snowcrystal2000:20190321172208j:plain

f:id:snowcrystal2000:20190321172227j:plain

f:id:snowcrystal2000:20190321172252j:plain

まな板に色が残ってしまうくらい発色がすごいです。
しばらく色がついてしまって落ちませんでした。
今回使った紅くるりは、皮をむいて重さを量ってみると約500gでしたので、500gとした分の材料をかいておきますね。

500gぶんの材料

【材料】紅くるり     500g

              砂糖        50g

              塩        10g

              酢        35cc

    鷹の爪(小口切り) お好みで

    刻み昆布     お好みで

 

このレシピはふつうの大根でも、聖護院大根などでも、どんな大根でも応用できますので紅くるりに限らず、ぜひ作ってみてくださいね。

つくりかた

まず、1~2mmほどの厚さに薄くスライスします。

スライサーでもスライスできますが、薄くなりすぎてしまって食感がなくなってしまうので、少々大変ではありますがいつも包丁で切っています。

出刃包丁で切りますとさくさく切れますよ。

f:id:snowcrystal2000:20190321172316j:plain

切ったものををジップロックに入れます。

入れるときにバラバラにしないで並べるようなかんじで入れますと、見た目もきれいで売り物のようになりますよ。

f:id:snowcrystal2000:20190321172341j:plain

砂糖を全体にかかるようにいれ、上からをまわしかけます。

f:id:snowcrystal2000:20190321172442j:plain

鷹の爪刻み昆布もいれます。

f:id:snowcrystal2000:20190321172508j:plain

こんなふうにあっという間にすぐきれいな色の汁があがってきます。

f:id:snowcrystal2000:20190321172530j:plain

冷蔵庫にいれて半日~1日ほどで召し上がれます。

まとめ

作っておくと10日ほどお日持ちしますので、まとめて作っておくと便利です。

とてもきれいな色なので食卓が華やかになりますよ。

f:id:snowcrystal2000:20190321172555j:plain

この紅くるり大根、ほかにもサラダにしたり、蒸して温野菜として楽しんだり、スープなどにもしてもおいしいです。

最近はお店で見つけると必ず買ってきて、適当な大きさに切り、まとめて圧力なべで蒸して冷蔵庫にいれておくようにしています。

サラダの彩りにすごくいいですよ。

フライパンでソテー(マジックスパイスで味付けしました)にしてお弁当に入れるとこれもきれいで、プチトマトがなくても華やかなお弁当になりました。

色のきれいさを生かして何かまた別のものをつくってみたいと思います。

なかなかスーパーマーケットなどではお目にかかれないお野菜かもしれませんが、もし見つけたらぜひお試しください。

ちなみに種も売っているようですのでいつか家庭菜園で育ててみたいな~と思います。