北海道のだいどころ。

北海道のおいしいものとおうちごはんとレシピ

熟れすぎたバナナを使って。全卵でつくる簡単「自家製バナナのアイスクリーム」

熟れすぎバナナでアイスクリーム

北海道もだんだんと暖かくというより、暑くなってきました。

家の中が暖かくなりますとバナナもあっという間に熟れてきてタイガースポットがすぐに出てきてしまいます。

そんなときにケーキを焼くのは面倒ですが、このアイスクリームでしたらそこまで手がかかりませんのでぜひ作ってみていただきたい一品です。

全卵&生クリーム使い切りレシピ

アイスクリームのレシピは卵黄のみを使うものが多いですが、残った卵白の使いきれないことが多かったので全卵で作ってみたところ、変わらずおいしくできました!

同じく生クリームも残すとやはり使い切れないことがありまして。。。

ですので、こちらも生クリーム1パック使い切りレシピにしてみました。

f:id:snowcrystal2000:20190524235855j:plain

用意するもの

道具編

  • ハンドミキサーがあるとラクです!ない場合は泡だて器でも大丈夫です。
  • 大きめのボウル
  • 木べら
  • 量り
  • バナナをつぶすフォーク
  • 密閉容器など、アイスを凍らせるときに入れておくもの(ホーロー容器、ステンレス製のものは早く凍ります)

アイスクリームの材料 

  • 熟れたバナナ     中2本
  • 牛乳         600cc
  • 生クリーム      200cc
  • 全卵          2個
  • 砂糖         100g
  • 香りづけのバニラエッセンスまたはお酒 少々

 生クリームは植物性のものでも十分おいしくできます。

たまごは新鮮なものを使ってください。

つくりかた

1・まずボウルに全卵砂糖を入れ、白っぽくもったりするまで泡立てます。

注意点!ハンドミキサーを使う場合はゆっくりと低速で始めませんと、勢いよく砂糖が飛び散るので気を付けて混ぜ始めてくださいね~。

 

 2・お鍋に牛乳生クリームを入れて弱火にかけ、80℃くらいになりましたら火をとめます。

 

3・泡立てたたまごのボウルに温めた牛乳と生クリームを少しずつ加えてよく混ぜます。

注意点!一度に入れますとたまごが固まってしまうので気を付けてくださいね

 

4・混ぜたものを鍋に戻し、木べらなどで混ぜながら弱火にかけていきます。

ふつふつしてきてとろみがついてきましたら火をとめて、ボウルにもどします。

 

5・ボウルの底を氷水にあてて粗熱をとり、冷めたら氷水から外します。

 

6フォークでつぶしたバナナを入れてハンドミキサーか泡だて器でよく混ぜます。ハンドミキサーでしたら5分ほど、泡だて器でしたらもう少しがんばって10~15分ほど泡立ててください。しっかり泡立てるのもたいせつなポイントです。

f:id:snowcrystal2000:20190525000035j:plain

 

7・用意しておいた入れ物にいれて冷凍庫にいれます。わたしはボウルのままラップをかけていれてしまいます~。

 

8・2~3時間おきくらいにフォークでかき混ぜます。これを4、5回繰り返しますと、なめらかでおいしいアイスクリームになります。量がありますので、固まるまでには少々時間がかかります。入れ物によって固まる時間が変わりますので様子をみながら混ぜてくださいね。

f:id:snowcrystal2000:20190525000336j:plain

 

出来上がりです♪

f:id:snowcrystal2000:20190525000358j:plain

より濃厚でなめらかにするには

生クリームを別にして角が立つまで泡立てます。

そしてつくりかたの5番のあとに加えてみてください。

まとめ

バナナは熟れすぎかな~というくらいのもののほうがおいしくできます。

素朴で懐かしい味がする、との家族のコメントをもらいました。

これからアイスクリームがおいしい季節ですので、バナナが余った時などにはぜひ作ってみてください♪