北海道のだいどころ。

北海道のおいしいものとおうちごはんとレシピ

チョコ不使用ココアたっぷり♥基本のシンプル「ブラウニー」のかんたんレシピ

チョコ不使用♥ココアたっぷりのブラウニー

寒いとチョコ味のものが食べたくなります。

この時期にぴったりなココアたっぷりのブラウニーをつくりました。

チョコは使わないので常備してあるものでつくれます。

ブラウニーにはくるみを入れることが多いですが今回は入れていません。

代わりに家にあったチョコチップを入れました。

基本のレシピなので覚えておきますといろいろアレンジがききますよ。

ブラウニーは常温で日持ちもしますのでプレゼントにもぴったりです。

簡単ですのでぜひつくってみてください。

つくっていきます

使う型

今回は18cm×18cmのスクエア型をつかっています。

底がとれるタイプです。

このブログの中でもたびたび登場していますが1つあるとほんとに便利です。

 

用意するもの

  • 薄力粉   100g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/4
  • ココア   50g
  • バター   90g
  • たまご   2個
  • 砂糖    100g
  • お好みでチョコチップなど

下準備

  • 型に敷紙を敷きます。
  • 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておきます。
  • たまごは卵黄と卵白に分けておきます。

つくりかた

1卵白を泡立てていきます。少し大きめのボウルにいれた卵白をあればハンドミキサーを使って7分立て(上からタラ~っと垂らしてみてあとが残るくらい)になったら、砂糖を3回に分けて加え、しっかり角がピンと立つくらいまで泡立てます。

f:id:snowcrystal2000:20200128192550j:plain
f:id:snowcrystal2000:20200128192526j:plain

2卵黄一個づつ加え、よく泡立てます。

f:id:snowcrystal2000:20200128192509j:plain
f:id:snowcrystal2000:20200128192452j:plain

3バターをレンジにかけて溶かします。熱くしすぎるとレンジの中ではねるので、様子を見ながら少しづつレンジにかけてみてください。

4・バターが溶けたらココアをすこしづつ加えて混ぜます。しっかり溶かし残りがないように混ぜたら、できたココア液を2のたまごのボウルに少しづつ加えて混ぜていきます。

f:id:snowcrystal2000:20200128192624j:plain
f:id:snowcrystal2000:20200128192608j:plain
f:id:snowcrystal2000:20200128192434j:plain

5粉類をもう一度ふるいながら入れて、ゴムベラでさっくりと切るように混ぜます。

つやが出てきたらOKです。もしチョコチップを入れるようであれば加えます。

f:id:snowcrystal2000:20200128192417j:plain
f:id:snowcrystal2000:20200128192359j:plain
f:id:snowcrystal2000:20200128192341j:plain

6・型に生地を流し入れます。生地の表面を平らにならします。

7・180℃にあたためておいたオーブンで30分ほど焼きます。竹串を刺してみて生地がついてこなければ焼き上がりです♪ 型からだし、網の上にのせて冷まします。

f:id:snowcrystal2000:20200128192644j:plain
f:id:snowcrystal2000:20200128192323j:plain

8・粗熱がとれたらあたためた包丁でお好きな大きさに切り分けます。

包丁をあたためますと切り口がきれいに切り分けられます。お湯で温めてもいいですし、ガスコンロの直火でちょっとあぶることもできます。

f:id:snowcrystal2000:20200128192217j:plain

 乾燥しやすいので切り分けたものはタッパーなどに入れたり、ラップでくるんで保管してください。

プレゼント用にはワックスペーパーで包んで紐で両端を結んだりすると可愛いです

さいごに

これは基本のブラウニーなので、ナッツを入れたり、バナナを入れたり、ごまを入れたりいろいろアレンジができます。

わたしはプレーンなタイプがどちらかというと好きなので、何も入れないことが多いですが。

寒い日においしい珈琲をいれて一緒に食べるとしあわせです♥

とても簡単ですのでぜひつくってみてください。