北海道のだいどころ。

北海道のおいしいもの&おうちごはん

レシピ|20・21cm型でつくる、抹茶のシフォンケーキ🍵

バターがびっくりするくらい高くなったので、最近はバターを使わないシフォンケーキをよく作っています。

安くなることはないのかなぁ…

シフォンケーキにたくさん使う卵も相変わらず安くはならないですね(>_<。)

でもシフォンケーキ、思いのほかウケがよくって。

あっさりと食べられると年配の方に喜んでもらっています。

この時期には抹茶で。

新緑のこの季節にぴったりなグリーンです。

 

抹茶パウダーはセリアで調達しています。

発色はお値段なりですけど、普段使いには十分です。

 

油はコストコで購入した太白ごま油を使っています。

無味無臭なところがお菓子作りにはぴったり。

コストコの太白ごま油はコスパも◎。

 

セリアの抹茶パウダー、コストコ購入の太白ごま油。

この材料でつくっていきます。

 

材料(20~21cmの型一台分)
  • 卵         6個
  • ラニュー糖    130g
  • 薄力粉       120g
  • ベーキングパウダー 小さじ2
  • 抹茶        20g
  • 油         70㏄
  • 水         40㏄
  • 牛乳        30㏄
下準備

・薄力粉・ベーキングパウダー・抹茶を合わせてふるっておきます。

・卵白と卵黄で分けてボウルに入れておきます。

つくりかた

1卵黄ラニュー糖の半量を泡だて器でとろっとするまで混ぜます。

2油→牛乳→水の順に加えてよく混ぜます。

ポイント:ここで生地をしっかり混ぜて油と水分を乳化させます。

3・合わせておいた粉類をもう一度ふるい入れて泡だて器でさっくりと混ぜ合わせます。

4・別のボウルにいれた卵白ハンドミキサーでとろっとするまで泡立てたら、残りの半量のグラニュー糖も加え、さらにツヤが出て角が立つまでしっかり泡立てます。

5・3のボウルに卵白を三回に分けて加えてメレンゲの泡をつぶさないようにゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。

6・生地を型に流し入れて、型を台に打ち付けて空気を抜きます。

ポイント:型の上側まで生地を張り付けるようにしておくと高さがしっかり出てくれます。

7・170℃に温めておいたオーブンで約50分焼きます。

ポイント:底に網を置いてその上に型を置くと底からも熱が入ります。

8・焼きあがったら型を逆さにして缶詰やコップなどの上に置いて冷まします。

9・冷めたら型の周りと中央の部分にナイフを添わせて型から外します。

完成です♪

 

最近シフォンケーキ専用のラッピング用の袋を買いました。

これがとっても良くて。

やっぱり専用は素晴らしい。

簡単にキレイに包めます。

20~21㎝のシフォンケーキを8等分したものがぴったり。

 

シフォンケーキはちょっとの差で毎回出来上がりが異なり、意外とむずかしいな~と

苦戦しています。

でも上手にできたときの喜びもひとしお。

シフォンケーキで季節ごとの味を表現していけたらいいな~と思います♪