北海道のだいどころ。

北海道のおいしいものとおうちごはんとレシピ

ふわふわたまごとかにかまで。「たっぷり塩あんかけ天津焼きそば」の簡単レシピ♡

天津麺が食べたい

先日、久しぶりに餃子の王将に行きました。

ふつうのあんかけ焼きそばと天津麺で迷った挙句、結局大好きなあんかけ焼きそばを頼みました。

それからずーーーーっと天津麺が気になっていて。

王将の天津麺は食べたことがないのですが天津飯はよく作るので、麺に変えれば作れるな~と思いつくってみました。

ご飯を焼きそばの麺に変えるだけです。

天津飯をつくるときもたっぷりのあんかけで食べるのが好きなので、天津麺にも麺が見えないくらいのたっぷりあんかけをかけました。

王将のはしょうゆベースっぽいですが、塩あんかけのほうが好きなので今回は塩あんかけです。

たまごかにかまあればネギくらいの少ない食材でつくれるので簡単です。

節約メニューにもおすすめです。

つくっていきます

用意するもの(2人前)

食材
  • 焼きそばの麺 2~3玉
  • たまご                4個
  • かにかま  8本くらい
  • ねぎ      適宜
あんかけの調味料
  • 水         600cc
  • 鶏がらスープの素 大さじ1
  • 塩                             小さじ1
  • 酒        大さじ1
  • ごま油                     小さじ2
とろみづけ用
  • 片栗粉      大さじ2
  • 水        大さじ3

つくりかた

下準備

・片栗粉を水で溶いておきます。

これを最初にやっておくことで、片栗粉のとろみがきちんとつき、時間が経つとシャバシャバの状態にもどってしまうのを防ぐことができます。使うときはもう一度よく混ぜてください。

・麺をほぐしておきます。

やっておきますと麺の中はふわっと、外はカリカリに焼くことができます。面倒でしたらやらなくてもだいじょうぶです。

焼きそばを焼きます

1・フライパンに多めのサラダ油をひき、麺を広げるようにしていれます。焼き色がつくまでは動かさないでおきます。焼き色がついたらひっくり返し、両面をこんがり焼きます。

2・焼きあがったらお皿に均等にうつします。

f:id:snowcrystal2000:20191004163425j:plain
f:id:snowcrystal2000:20191004163449j:plain
塩あんかけをつくります

1・小鍋に水を入れて沸騰させ、そこに鶏がらスープの素・塩・酒を入れて煮立たせます。

2・煮立ったら一度火を止めて、混ぜながら少しずつ片栗粉をいれていきます。しっかり混ざったらまた火を付けます。

3・よく混ぜながら火を入れ、沸騰してからも1~2分ほど加熱します。この加熱作業も大事なので必ずやってくださいね。

4・最後にごま油を回し入れたら出来上がりです。

たまごを焼きます

1・ボウルにたまごを入れてよく混ぜ、そこに塩ひとつまみ・水大さじ2(分量外) も加えてよく混ぜます。水を入れることでふわふわたまごになります。

2・ほぐしたかにかまも入れます。

3・フライパンに多めの油を入れて強火で熱し、そこに一人分ずつ卵液を流し入れます。強火で一気にさっと形をまるく整えながらかき混ぜつつ、半熟の状態で焼きそばの上にのせます。

f:id:snowcrystal2000:20191004163613j:plain
f:id:snowcrystal2000:20191004163634j:plain
f:id:snowcrystal2000:20191004163657j:plain

さいごにつくっておいた塩あんかけをかけて、ネギを散らしたら完成です♪

f:id:snowcrystal2000:20191004163717j:plain

あっという間にできました。

お好みで黒こしょうをかけてお召し上がりください♡

さいごに

包丁を使うのはネギを切るときぐらいなのでとってもラクちん♡

安い&少ない食材で出来ますので給料日まえや、休日のお昼ごはんにもおススメです。

肌寒くなるこれからの時期にはあんかけ系が食べたくなります。

今週末にでもぜひつくってみてください♪