北海道のだいどころ。

北海道のおいしいものとおうちごはんとレシピ

これからが旬の北海道産のおいしい露地物「グリーンアスパラ」

これからが旬の北海道産のアスパラ

 

5月中旬頃からが旬になる北海道産の露地物のアスパラガス

 

この時期になりますとあちらこちらのお宅の庭からちょこちょこアスパラが顔を出しています。

 

北海道にきてアスパラがお庭に生えているのを初めて見たとき、自分の家のお庭でアスパラができるんだ~とびっくりしました。

 

持っていきなさい、と言ってお庭からぽきぽき折って収穫してくださり、頂くこともあります。

 

今回のこのアスパラもお庭でできたもののおすそ分けで頂きました。

f:id:snowcrystal2000:20190513200529j:plain

 

ものすごく太くてびっくりです。

 

鉛筆とならべてみましたが、太さがお分かりいただけるでしょうか。。。

f:id:snowcrystal2000:20190513200550j:plain

びっくりするくらい早いアスパラの成長

 

ふつうのお庭でアスパラができることにも驚きましたが、アスパラの成長の早さにも驚きました。

 

一晩でぐんっとおおきくなっていて朝になってびっくりすることも。

 

一日に10cm以上伸びることもあるようです。

 

こんなにあるアスパラの栄養成分

 

おいしいだけでなく、アスパラにはたくさんの栄養があります。

 

  • アスパラギン酸…スタミナ強化・排泄を促す作用があります。また、コラーゲンの材料になるので美容効果も。
  • ルチン…毛細血管を強くし、血圧を下げる働きがあります。
  • B-カロテン…強い抗酸化作用があります。
  • 葉酸…正常な赤血球づくりに役立ちます。
  • ビタミンK…骨を丈夫にする働きがあります。

 

食べ物ってすごいですね~。

 

おいしいアスパラの選びかた

 

  • 穂先が開いていますと、収穫から時間が経ってしまっているということですので、写真のように穂先が詰まっているものを選ぶといいそうです。

    f:id:snowcrystal2000:20190513235021j:plain

  • 太いもののほうが甘みが強くておいしいので、太くて張りのあるものがいいそうです。
  • 色は鮮やかなグリーンのものを選びます。
  • しわが寄っているものは乾燥していて鮮度が落ちているので、根元にしわがよっていなくてみずみずしいものを選びます。

 

保存方法

 

冷蔵庫で立てて保存が基本です。

 

栄養素も風味も長持ちするそうです。

 

栄養をむだにしない調理方法

 

栄養成分の葉酸は水溶性なので、新鮮なものでしたら茹でずに直接炒めたりして調理しますと栄養成分が逃げづらくなります。

 

茹でるなら短時間で済ませるとよいようです。

 

また、ビタミンKやB-カロテンは脂溶性なので、油を使った調理をすると吸収率も上がります。

 

せっかくですので、栄養を無駄にしないで食べたいですね。

 

まとめ

 

今回は王道の「アスパラガスのバター炒め」でいただきました。

f:id:snowcrystal2000:20190513234955j:plain

 

根元のほうの部分だけすじがありますので、ピーラーで皮をむきます。

 

新鮮でしたので、茹でずにフライパンに直接いれてさっとバターで炒めて塩こしょうのみで味付けして食べました。

 

シンプルな食べ方がいちばんおいしさを味わえます。

 

採れたてのアスパラガス、柔らかくて、甘くて、ほんとにおいしかったです。

 

これからが旬ですのでアスパラ料理楽しみたいと思います♪