北海道のだいどころ。

北海道のおいしいものとおうちごはんとレシピ

北海道発祥の「ちくわパン」を市販のバターロールで再現した「即席ちくわパン」♪

先日、北海道に来て初めて食べた「豆パン」「ようかんパン」をご紹介させていただきましたが、今回ご紹介させていただく「ちくわパン」も北海道に来て初めて食べたパンです。

 

www.hokkaido-daidokoro.com

 

ちくわパンについて

 

いまは他県でも売っているのかもしれませんね。

 

どんぐり、という札幌では有名なパン屋さんがあるのですが、ここが最初に作ったそうです。

 

めったに食べることがなかったのですが、最近このどんぐりに行くことが多くて、ちくわパンをときどき買って食べています。

 

ふわふわのパンのなかに、ツナサラダが詰めてあるちくわが1本入っていて、マヨネーズが上にかけて焼いてある、というのが基本形のちくわパンのようです。

 

チーズや鮭サラダが入ったものなんかもあるみたいですね。

 

今でこそふつうにおいしく食べていますが、最初はちくわとパンって斬新な組み合わせだったんだろうな~と思います。

 

こちらのちくわパンは発祥のお店どんぐりのものではなくって、近所のパン屋さんのもの。

f:id:snowcrystal2000:20190422163054j:plain

 

こちらが切ってみた断面です。

f:id:snowcrystal2000:20190422163000j:plain

 

玉ねぎ入りのツナサラダが入っています。

 

たしか1つ180円でした。

 

手作りパンやさんではだいたいどこでも置いてあります。

 

こちらは袋に入ったスーパーマーケットで購入したもの。

f:id:snowcrystal2000:20190422163229j:plain

 

写真はありませんが、セイコーマートさんにもオリジナルブランドのものが売っています。

 

このパンを食べながらふとちくわとツナなら家で再現できるかも、と思って作ってみることにしました。

 

ちくわパンを再現してみる

 

作ると言っても、パン生地から作るのはハードルが高いので、市販のふつうのバターロールとちくわで再現します(笑)

 

すみません。。。

 

5分で作れる「即席簡単ちくわパン」です。

 

用意するのはバターロール・ちくわ・ツナ・玉ねぎ・マヨネーズ・塩こしょう

f:id:snowcrystal2000:20190422163256j:plain

 

まず油を切ったツナに、細かくみじん切りにした玉ねぎ、マヨネーズを入れて混ぜ、塩こしょうで味を調えます。

 

量はお好みで調整してくださいね。

 

たてに切れ目をいれたちくわにこのツナサラダをスプーンで詰めます。

 

このちくわを、切れ目を入れたバターロールに挟み、

f:id:snowcrystal2000:20190422163354j:plain

 

上にマヨネーズを写真のようにかけます。

f:id:snowcrystal2000:20190422163423j:plain

 

オーブントースターで焼きます。

 

バターロールは焦げやすいので気を付けて焼いてくださいね。

 

軽く焦げ目がついたら出来上がりです♪

f:id:snowcrystal2000:20190422163448j:plain

 

乾燥パセリをパラパラ~っと振りかけますと、お店で売っているようなパンになります。

 

即席ちくわパンを実食

 

これ、焼き立ては手作りパン屋さんに負けないくらいおいしいです‼

 

味もしっかりちくわパンが再現されています。

 

しかも家で作りましたら材料費ざっと計算しますと、1つがだいたい50円くらいでできます。

 

おいしくて、簡単で、安上がりではまりそうです。

 

これなら近くにちくわパンが売ってない地域の方にも、お手軽に楽しんでいただけると思います。

 

機会がありましたらぜひ試してくださいね♪