北海道のだいどころ。

北海道のおいしいものとおうちごはんとレシピ

レシピ*固くなってしまったフランスパンではちみつたっぷりの簡単ラスク

固くなってしまったパンの救済方法

 

パンを買ってあったところにちょうどパンを頂きまして、食べきれないから冷凍しようかな~と思っていたのですが、しそびれてしまいました。

 

よくあるんですよね。。。

 

さっさと冷凍庫に入れておけばよかった。。と後悔しても時すでに遅しで。

 

このミニフランスパンを食べようと思いましたら、やっぱりカチカチに。

f:id:snowcrystal2000:20190402135631j:plain

 

もったいないのでラスクにしました。

 

でもじつはこのくらいカチカチになっているとラスクはすごく作りやすいんですよ。

 

ふだんはわざと3日ほど放置して、パンを固くさせてから作るのでその時間は省けました。

 

はちみつでラスクを作ってみます

 

ラスクを作るときはいつも生クリームを使ってキャラメルのラスクを作ります。

 

でもちょこっと使うだけなのにわざわざ買うのももったいないですし、家にあるものでなんとかしようと思いまして、こちらも固まってしまっていたはちみつを使って作ることにしました。

 

はじめてつくるのでとりあえずこんなものかな~と適当に作ってみましたら、これがかなりおいしくできました♪

 

わざわざパンを乾燥させてでも作りたいくらいおいしいです。

 

レシピというほどではありませんが、びっくりするくらい簡単に作れますのでご紹介させていただきますね。

 

用意するもの

 

パンは測ってみましたら長さ19cmでした。

 

パンの大きさに合わせて分量は調節してみてくださいね。

 

【ミニフランスパン19cmの分量】

  • はちみつ     30g 
  • バター      20g
  • ラニュー糖   10g
  • 塩     ひとつまみ

つくりかた

 

まずパンを7mm厚さくらいにスライスします。

f:id:snowcrystal2000:20190402135701j:plain

 

オーブンペーパーを敷いた天板に重ならないように並べます。

f:id:snowcrystal2000:20190402135727j:plain

 

はちみつバターをレンジであたため溶かしておきます。

f:id:snowcrystal2000:20190402135752j:plain

 

そこにラニュー糖を加えて溶かします。

 

溶けづらかったらもう一度レンジに短時間かけてみてくださいね。

f:id:snowcrystal2000:20190402135816j:plain

 

刷毛で一枚ずつたっぷり表面に塗っていきます。

 

ちなみにこのシリコンの刷毛は100円ショップに売っています。

 

一つ持っておくと便利です。

f:id:snowcrystal2000:20190402135839j:plain

 

ぜんぶ塗り終わりましたら、170度に温めたオーブンで15分~20分焼きます。

f:id:snowcrystal2000:20190402135910j:plain

 

焼き時間はオーブンによって異なりますので焼き色を見ながら調節なさってください。

 

出来上がりです♪

f:id:snowcrystal2000:20190402135931j:plain

 

 焼き上がりは少しベタベタしていますが、冷めると固くなります。

 

まとめ

 

ラスクは日持ちもしますのでプレゼントなどにもいいですよ。

f:id:snowcrystal2000:20190402140455j:plain

 

日持ちはするのですが、こんな風にしておいておきますと家族がちょこちょこ食べてあっという間になくなってしまいます。

 

このレシピはフランスパンだけではなく食パンをサイコロ状に切ったものなどでも応用できます。

 

もし固くなってしまったパンがあればぜひ作ってみてくださいね。